英単語を書く覚え方は、ほぼ確実に失敗します【検証済みです】

man afraid to take action
きよ
英単語を書いても覚えられないし、時間がかかるので疲れます。リーディングで単語の意味もすぐに出てこないので、良い方法があれば知りたいです。

このような悩みに答えます。

 本記事の内容

  • 英単語を書く覚え方は、ほぼ確実に失敗します【検証済みです】
  • 英単語は書くよりも音声でイメージするのが最強です
  • 繰り返しやるためのコツ

 記事の信頼性
credibility of post

この記事を書いている僕はニューヨーク在住5年目です。実はすでにアメリカの大学院をGPA 3.86/4.0で卒業していて、今は2つ目の大学院で勉強しています。

僕は26歳の時に留学するために英単語の勉強から始めたので、今回は僕が実践して効果があった英単語を覚えるコツを紹介します。

英単語を書く覚え方は、ほぼ確実に失敗します【検証済みです】

man going down

結論ですが、書く覚え方はほぼ確実に失敗します。僕も最初は書く派だったのですが、結局覚えられなかったのでやめました。

回数をこなすことに集中してしまう

筋トレと同じなんですけど、回数決めてやろうとすると、回数をこなすことが目標になってしまうんですよね。

英単語を1語につき10回ずつ書いてると、10回書くことに集中してしまい、終わってた時に全然覚えてないなんてことがよくありました。

英単語を覚える目的は意味がわかるようにすることですよね。

人間は2つのことを同時にはできないので、意味を覚えることと書くことを同時にはできません。なので、目的である【意味を覚えること】がおろそかになります。

しかも、1語につき10回も書くと、たった10語で100回も書きます。明らかに書きすぎですし、時間もかかります。

スペルは発音とリンクしてるから書いて覚えるのは難しい

英単語のアルファベットは意味とリンクしてないので、書いて覚えるのは難しいです。

例えば、「account:アカウント」「tomorrow:明日」「summer:夏」なんかは同じアルファベットが連続しますが、「account」には「c」が2つあるなんて覚え方ではすぐに忘れてしまいます。

ですが、発音記号を覚えればなぜ同じアファルベットが連続するのかがわかります。

「refrigerator:冷蔵庫」も覚えにくいかもしれないですが、発音記号を覚えればスペルはこれしかないと理解できます。

なので、スペルは書くよりも発音記号で覚えるほうが定着します。

ノートとペンがないとできない

書いて覚えようとすると、ペンとノートがないとできないじゃないですよね。机も必要ですね。つまり、家やカフェのような場所じゃないとできません。

会社員だと、朝は忙しいので仕事終わりに帰ってきてからじゃないとできません。僕もそうでしたが、仕事終わりに勉強するのはモチベーションが下がります。

今から説明しますが、単語帳についてるCDを聴くなら通勤電車でもできるので、スキマ時間でできます。ペンやノートがなくてもスマホだけあれば十分なので簡単にできます。

英単語は書くよりも音声でイメージするのが最強です

memorize by listening

イメージして定着させることと音声で聴くことをおすすめする人はあまりいませんが、僕は自分でも経験したので超おすすめです。

音声を使った覚え方については【簡単で疲れない】英単語を覚える10個のコツ【誰でも定着率90%】の記事で解説してますのでどうぞ。

覚えずに意味をイメージするだけでいい

覚えようとすると結局のところ暗記になって覚えられません。

高校生くらいなら記憶力があるのでいいかもしれませんが、僕のように大人になってから英語学習を始めた人には2,000語とかを暗記するのは無理です。

まず、日本語の意味を見てその状況をイメージします。次にスペルだけを見てイメージができるようにします。その後に音声を聞いてイメージをします。

ポイントは覚えようとしなくて良いことです。毎日単語を聴いてイメージだけをすれば半年後に勝手に記憶に定着しています。

発音と一緒にやればスペルも覚えられる

先ほども説明しましたが、発音記号を覚えると音声を聞いただけである程度スペルがわかるようになります。

音声を聴くだけでなく、発音もすると五感を使えるので記憶に定着しやすくなります。

ですが、これにも慣れが必要なので、半年くらい毎日やることが大事です。

自然にこの発音のときはこういうスペルになるなと感じ取れるようになります。

1,000語やっても1時間かからない

音声でやることのメリットは1,000語やっても1時間かからないことです。

おすすめなのは英語の音声が流れて、1秒以内に日本語の意味が流れるものです。これなら1単語2秒なので、1,000語で30分とかです。

単語学習は毎日やることが大事なので、短時間でやって疲れないことが重要です。

また、間隔を空けずにやるほうが定着しやすいので、1,000語くらいを毎日やりたいところです。3,000語の単語帳でも3日に1回はすべての単語をやれます。

ハンズフリーだから、スキマ時間にできる

音声でやるならスマホ1台あればどこでもできます。

通勤電車、散歩中、料理中、入浴中のどこでも好きな時間帯にできるので楽です。

例えば、通勤に1時間かかるなら、30分はYouTubeを見て、残りの30分は単語学習に使うこともできます。

1日の中でスキマ時間って結構あるので、有効活用できればわざわざ単語学習の時間を作る必要もなくなります。

繰り返しやるためのコツ

man doing his routine

朝すぐやる

朝は頭がよく動くので洗顔して、歯を磨いて、軽く朝食を食べたらすぐに始めるのがいいです。

昼頃やろうとすると、夕方に先送りされ、夜に先送りされ、次の日に先送りされます。僕もそうでした。

単語を音声で聴くだけなので、1日のスタートとしてはハードルは高くないです。いきなり腹筋100回から始めたりすると嫌になりますが。

なので、1日の最初にやるのがおすすめです。

必ずやることに相乗りする

繰り返しになってしまいますが、社会人なら通勤時間、散歩する人なら散歩中にスマホで音声で聴くのが良いです。

人間は楽をしたい生き物なので、単語学習という項目があると逃げたくなります。

しかし、通勤などの必ずやることがあれば、そこに相乗りするだけなので続けることはそこまで苦ではありません。

簡単に疲れずやることが毎日続けるコツです。

定着率をチェックする

毎日やってもどれくらい覚えたのかをチェックしないとモチベーションが上がりません。

毎日音声でイメージできたか・できなかったのかをチェックして定着率を計算すれば日々成長していく自分を実感できます。

僕の場合は最初は定着率が70%くらいだったんですが、徐々に上がっていって、半年後には90%になったので成長を実感してモチベーションを維持できました。

ちなみに、定着率の計算式は以下です。

定着率=(イメージできた単語数/聴いた単語数)x 100

僕は毎日1,000語ずつやってたので、900語くらい定着しました。

今回は以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください