【完全に解決】覚えようとすると、英単語は覚えられないです【必読】

man doubting
きよ
英単語が覚えられないし、暗記が苦手だから苦痛です。記憶に定着するコツや1日の単語数の目安・単語学習に最適な時間帯も知りたいです。

このような悩みに答えます。

 本記事の内容

  • 【完全に解決】覚えようとすると、英単語は覚えられないです【必読】
  • 覚えようとせずに英単語を記憶に定着させる方法【苦痛にならないです】
  • 単語学習の1日の語数の目安とおすすめの時間帯

 記事の信頼性
credibility of post

この記事を書いている僕はニューヨーク在住5年目です。実はすでにアメリカの大学院をGPA 3.86/4.0で卒業していて、今は2つ目の大学院で勉強しています。

僕は26歳の時に留学するために英単語の勉強から始めたので、今回は僕が実践して効果があった英単語を覚えるコツを紹介します。

【完全に解決】覚えようとすると、英単語は覚えられないです【必読】

man going down

結論ですが、英単語を覚えようとすると、覚えられないです。

10語とかなら簡単に覚えられますけど、1,000語とかを覚えるのは無理ですよ。特に僕みたいに20代後半で英単語から始める人は、暗記力は学生時代に比べて格段に下がってます。

短期記憶→長期記憶にする

初めての職場だと、1日に色々な人に挨拶をすると思いますが、全員の名前は覚えられないですよね。あの人、誰だっけ?てなりますよね。

でも、仕事を頼まれたり、トイレで会ったり、飲み会で一緒になるうちに覚えていきますよね。これって、脳が職場の人の名前を必要だと判断して、長期記憶に保存したからなんですよ。

なので、意識的に覚えようとしなくても、使ってるうちに勝手に覚えてたというのが記憶に定着させる本質です。

1日何語とかで覚えようとしない

1日で何語とか覚えるのは無理なのでしなくて大丈夫です。覚えられないとへこんだりしてモチベーションが下がりますしね。

この記事を見てるということは、1日10語とか覚えようとして覚えられなかったんですよね。その方法では覚えられないのでスッパリやめたほうがいいです。

本当に覚えなくて大丈夫なのか?と疑問に思うかもしれませんが、僕も経験済みなので大丈夫です。

僕は高校時代までは暗記に自信があったので、26歳で単語学習を始めた時は1日100語ずつ覚えようとしてました。ですが、暗記力が低下していて、全然覚えられなかったので、繰り返しやって勝手に覚える方法に変えました。

暗記したものは定着しにくく、疲れる

暗記しようとすると、例えば「provide:提供する」の【提供する】という日本語で覚えがちなんですよね。

言葉を使って覚えると、単語を見た時にイメージではなく、日本語が頭に浮かぶので、リーディングで文章の意味が理解できないです。

英単語は普段見慣れないアルファベットの連続なので、暗記するのは難しいし、かなり疲れます。しかも、なかなか定着しないのでモチベーションも下がります。

なので、繰り返しですが、覚えようとせずに何度も繰り返すうちに勝手に覚えてたが記憶に定着するコツです。

覚えようとせずに英単語を記憶に定着させる方法【苦痛にならないです】

man finding solution

音声で毎日イメージ化するのが超おすすめです。理由は以下の3つです。

  • ①:音声でイメージできればスペルを見ても理解できる
  • ②:30分くらいなので疲れず、スキマ時間にできる
  • ③:五感を使うから記憶に定着しやすい

音声で記憶に定着させるコツは【簡単で疲れない】英単語を覚える10個のコツ【誰でも定着率90%】の記事で解説してますのでどうぞ。

理由①:音声でイメージできればスペルを見ても理解できる

日本語ではなく、イメージで定着させれば忘れることはないです。

発音記号を理解してから音声を繰り返し聴くと、発音のパターンやスペルのパターンが自然に理解できるようになります。

1000語聴くだけなら1時間弱で必ず終わりますが、1000語見ようとすると自分のペースなので2時間くらいかかります。

音声でスペルがわかるようになるので、見て覚えるよりも時間のかからない音声学習がおすすめです。

理由②:30分くらいなので疲れず、スキマ時間にできる

英語が流れてから日本語の意味が1秒くらいで流れる音声であれば、1000語やっても30分〜1時間くらいなので疲れません。

通勤電車の中でできるので、特別に単語学習のために時間を作ることもなくスキマ時間にできます。

毎日続けることが大事なので、いかに疲れず簡単にやれるかが重要です。

理由③:五感を使うから記憶に定着しやすい

僕はスペルを見てイメージするだけよりも、音声で聴いたり、発音して五感を使ってイメージするほうが記憶に定着しやすかったです。

リスニングとスピーキングの基礎になる

リーディングで単語を見ればわかるけど、リスニングでは聞き取れない人っていますよね。これは音声で理解する練習をしてないからです。

単語学習を途中でもう一度やり直すのは大変なので、音声で初めてリスニングの基礎を作るのが良いです。先ほど説明したとおり、音声で定着すればスペルを見て自動的に意味がわかるようになります。

また、発音記号を理解すると、リスニングだけでなく、スピーキングの発音も良くなります。五感を使うので、記憶にも定着しやすいので効果的です。

補足①:音声学習の前にスペルでイメージできるようにする

実は音声でイメージするのは結構難しくて、先にスペルを見てイメージができるようになる必要があります。

なので、最初はスペルを見て単語をイメージする練習をします。スペルを見てイメージができなければ、日本語の意味を見てイメージする練習をします。

補足②:イメージできる・できないをチェックする

音声を聞いてイメージできたか、できてないかは毎回チェックしてください。

チェックすれば定着率がわかりますし、イメージできない単語がわかります。

毎回イメージできる単語はやらなくても大丈夫ですし、逆にイメージできない単語だけ何回も繰り返すことができるのでチェックが大事です。

単語学習の1日の単語数の目安とおすすめの時間帯

man doing his routine

1日の単語数の目安は1000語

1,000語って多すぎじゃないですか?と思うかもしれないですが、音声なら1,000語やっても1時間かからないのでそんなに疲れないです。1,000語の単語帳なら1日で全部やれますし、2,000語の単語帳でも2日で全部やれます。

気をつけて欲しいのが、【聞き流さない】ことです。必ず聞こえた音声をイメージするようにしてください。

これをやらないと、何年やっても記憶に定着しないです。

イメージするだけなら疲れないですし、1時間以内で終わるので、この時間は集中してください。

単語学習におすすめの時間帯

僕は午前中がおすすめです。

会社員なら通勤電車に乗るので、このスキマ時間にやるのが良いですが、それ以外の人も午前中が良いです。

理由は先送りしないためです。音声学習だと簡単なので、午後でいいや!となるとそのまま夜でいいや!→明日でいいや!と先送りされます。僕もそうでした。

夜は集中力がガクッと落ちます

よく、暗記ものは寝る前にやって短期記憶から長期記憶に変えたほうがいいと言いますが、僕には効果がなかったです。英単語を夜に100語やってた時期がありましたが、全然定着しなかったのでやめました。

そもそも、夜は集中力が下がるので、何をやっても中途半端になります。

覚えずにイメージするだけなので簡単ですが、それでも夜にやると聞き流しに近い状態になるのでやめたほうがいいです。

朝一発目のほうがハードルが高くない

いきなり、リーディングやリスニングの問題を解くのは疲れるので、やる気が下がります。とりあえず、簡単な単語学習から始めればそんなにハードルは高くないです。

朝は頭がフル回転してて、モチベーションも上がりやすいので朝がおすすめです。

仕事終わりに帰ってきてクタクタなのに単語覚えるのは苦痛でしかないです。

繰り返しですが、通勤電車に乗る人ならこの時間帯に済ませるのがベストです。

今回は以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください