【簡単で疲れない】英単語を覚えるコツ10個【誰でも定着率90%】

man having idea
きよ
暗記が苦手だから英単語が覚えられない。リーディングで単語の意味がすぐに出てこない。なるべく疲れずにスキマ時間にできる方法が知りたい。

このような悩みに答えます。

 本記事の内容

  • 【簡単で疲れない】英単語を覚えるコツ10個をまとめました
  • 英単語を覚える一番のコツは定着率をチェックすること
  • 英単語を覚える手順【誰でも定着率90%目指せます】
  • おすすめの単語帳を紹介します

 記事の信頼性
credibility of post

この記事を書いている僕はニューヨーク在住5年目です。すでにアメリカの大学院をGPA 3.86/4.0で卒業していて、今は2つ目の大学院で勉強しています。

僕は26歳の時に留学するために英単語の勉強から始めました。なので、今回は僕が実践して効果があった英単語を覚えるコツを紹介します。

【簡単で疲れない】英単語を覚えるコツ10個をまとめました

man revealing secrets

結論ですが、「覚えようとしない」ことが大事です。

意識して覚えたものは実戦ではすぐに出てきません。

自分の電話番号や住所ってスラスラ言えますよね?
何度も使ってるうちに勝手に覚えたわけですが、これと同じで単語も繰り返しやれば勝手に覚えてた状態にできます。

しかも、覚えようとすると疲れるので単語学習が続きません。ですが、覚えようとしなければただの作業になるのであまり疲れません。

これから説明する英単語を覚えるコツは誰かに教わったり誰かのサイトを参考にしたものではないです。僕が実際に色々な方法を試してみて効果があったものです。

  1. 単語をイメージする
  2. 単語を音声で聞く
  3. 聞き流しは意味がない
  4. 発音で覚える
  5. 1〜2ヶ月ではなく半年間やり続ける
  6. 毎日1000語やる
  7. 最終的に覚えられない単語は諦める
  8. 熟語や派生語は飛ばしていい
  9. 文章中で単語を覚えるのは効率が悪い
  10. 書いて覚えるのは時間の無駄使い

一つずつ解説していきます。

コツ①:単語のイメージをする

単語を覚えるときって日本語を使っていませんか?

例えば、「suggest」という単語を覚えるときに「提案する」という日本語で覚えているなら忘れやすいです。
初めて見る単語を日本語で覚えるのは、電話番号を覚えるくらい難しいです。

日本語で単語を覚えてると、「suggest」から「提案する」に変換する作業があるので英語のまま理解できません。

単語を知ってるのに意味がパッと理解できない人は日本語に変換している人に多いです。

first step of learning english words

図のように、単語をイメージで覚えると記憶に定着しやすく、英語から日本語に変換する作業がないので英語のまま理解できます。

コツ②:単語の音声を聞く

音声で覚えるのは超おすすめです。

単語を音声で覚えてないと、知ってる単語なのにリスニングで聞き取れなかったりします。通勤電車の中でもできるのでスキマ時間でもやれます。

単語帳を見て覚えると自分のペースになるので時間がかかりますが、音声なら決まった時間で終わるので時間の節約にもなります。

音声で覚えるとスペルがわからなくてリーディングで困るかも?と思うかもしれませんが問題ないです。発音記号を覚えれば音声とスペルがリンクするのでリーディングで困ることはありません。

 英語と日本語が1秒くらいの間隔で流れるCDがおすすめ

僕が使ってた単語帳のCDでは、英語音声が流れてから1秒後に日本語音声が流れてました。この1秒間で単語のイメージが浮かんでくるのを目標にしてました。1秒以内に単語の意味が理解できないとリスニングは正直厳しいです。

コツ③:聞き流しは意味がない

スピードラーニングとかの聞き流しで英単語を覚えた人に会ったことがないです。

日本語で政治や経済、テクノロジーなどを音声学習するなら効果はありますが、第二言語でやるとBGMになってしまうので意味がないです。

音声で単語を覚えるなら一つ一つの単語に意識を集中しないとダメです。

コツ④:発音を覚える

発音記号を覚えてちゃんとした英語の発音を理解すると、音声だけでスペルがわかるようになります。つまり、リーディングに役立ちます。

発音記号を理解してから英語を聴くと、喉の響きで音が立体的に聞こえるのでリスニングにも効果ありです。「really」が「リアリー」ではなく「ルゥィアルィイ」のようにちゃんとした英語で聞こえます。

発音記号は50個くらいしかないのでそんなに難しくないです。完璧に覚える必要はないので1日で全部やれます。

コツ⑤:1〜2ヶ月ではなく半年間やり続ける

1〜2ヶ月で単語学習を終わらせようとすると1日100個ずつとか覚えないといけないので定着率が悪すぎです。

しかも、スペルを見たり音声を聞いた瞬間に意味が理解できるレベルには程遠いです。

僕は1日100語ずつ覚える方法でやってましたが、1週間で無理なことに気がついてやめました。覚えようとせずに単語を聞いてイメージする方法を毎日やってたら半年後に勝手に定着してました。

この方法だと覚える作業がなくて疲れないので精神的に楽です。半年間くらいのスパンで気楽にやりましょう。

コツ⑥:毎日1000語くらいやる

僕が使ってた単語帳のCDだと、一つの単語にかかる時間は英語(1秒)→日本語(1秒)で合計2秒くらいなので、1000語やっても30分〜1時間くらいで終わりました。

2000語の単語帳なら通勤中の電車で1000語やって、帰りの電車で残りの1000語をやれば1日ですべての単語をやることができます。

これを半年間継続すると、単語帳を180週くらいすることになります。
これだけやればTOEIC600点クラスの単語なら余裕で覚えられます。

繰り返しですが、覚えようとしなくていいです。毎日単語を聞いてイメージする練習をすれば勝手に覚えてます。

コツ⑦:最終的に覚えられない単語は諦める

結局、自分に合わない単語は最後まで覚えられません。

その場で覚えることができても、突然聞こえたときに理解できるレベルでなければ使えないので諦めたほうがいいです。

僕は留学するときにTOEFL3800という単語帳を使ってたんですが、1日1000語やって1秒以内に理解できない単語が80個くらい常にありました。

完璧は無理なので、無理なものはムリと諦めるのも手です。

コツ⑧:熟語や派生語は飛ばしていい

熟語や派生語は日本語で覚えるからバラバラに見えるのであって、単語本体の意味がイメージできてれば簡単に理解できます。

  • look at:見る
  • look for:調べる
  • look after:世話をする

日本語だと個別に3つ覚えないといけないですが、「at/for/after」の前置詞の意味をちゃんと理解してれば組み合わせるだけなのでわざわざ覚える必要はないです。

コツ⑨:文章中で単語を覚えるのは効率が悪い

僕はCore1900という単語帳を使ってたときに文章で単語を覚えようとしましたが全然ダメでした。

10語を覚えるのに100語くらいの文章が出てくるんですが、知らない単語や文法が多くて調べるのに時間を使うので効率が悪かったです。

初心者だといきなりリーディングやリスニングで単語を勉強するのは難しいです。

単語をやるなら単語に集中すべきです。単語と文章を一緒にやるとどちらも中途半端になります。

コツ⑩:書いて覚えるのは時間の無駄使い

文字を書くのは思った以上に時間がかかります。しかも書いたから覚えやすいというわけでもないです。

音声で聴く方法なら1000語で30分くらいです。1000語書いたら2時間くらいかかって腱鞘炎になるんじゃないですか。

わざわざ書かなくても発音記号を覚えて音声で聞けば、スペルが自然にわかるようになるので問題ないです。

英単語を覚える一番のコツは定着率をチェックすること

man with tablet

なぜ定着率をチェックするのか?

自分の感覚って実はあてになりません。定着率をチェックしてみると数字は全然違います。

僕がTOEFL3800の単語帳を使ってたときは結構覚えたと思ってたんですが、最初は定着率が60%くらいでした。毎日1000語くらいやってたので、400語くらいは覚えてなかったわけです。

定着率を数字でチェックすれば客観的に単語を覚えてるのかどうかかわかりますし、覚えられない単語も見つけられます。

定着率をチェックする方法

やり方は簡単で、スマホで20個くらい聴いたら一旦止めて、理解できなかった単語をメモし、続きを聴くのを繰り返すだけです。

<定着率の計算式>
(理解できた単語数/聴いた単語数) x 100

※1000語やって920語理解できたら、(920/1000) x 100= 92%

英語→日本語が1秒以内に流れる音声がベストで、1秒以内に単語の意味がイメージできなかったらアウトです。

僕は半年間毎日チェックしてたんですが、最終的には定着率が90〜92%で一定になりました。

ゲーム感覚に近いところがあったので楽しくやれました。

英単語を覚える手順【誰でも定着率90%目指せます】

man moving next step

僕が留学する前にやった、3000語中で定着率が92%まで上がった手順を紹介します。

  • ステップ①:単語帳を見てイメージする(1ヶ月)
  • ステップ②:音声を聴きながらスペルを見てイメージする(1ヶ月)
  • ステップ③:音声だけ聴いて1秒以内にイメージする(4ヶ月)

ステップ①:単語帳を見てイメージする(1ヶ月)

first step of learning english words

最初は単語帳に書いてある日本語を見てイメージをします。日本語を見てイメージができたら、次はスペルだけを見てイメージできるようにします。

この時に大事なのが時間をかけ過ぎないことです。覚えなくていいので1単語3秒くらいでどんどん次の単語に進んでいきましょう。

音声だと勝手に進むので1000語やっても1時間かかりませんが、自分のペースでやると思った以上に時間がかかるのでササっと進めます。

ステップ②:音声を聴きながらスペルを見てイメージする(1ヶ月)

second step of learning english words

次に音声を聴きながらスペルを見て単語をイメージします。

イメージできなければ日本語の意味を見ても大丈夫です。大事なのは単語をイメージすることです。

CDはどんどん流れていきますので、次の単語のスペルを見ながら音声を聴いてイメージすることを繰り返します。

ここでも、覚えようとしなくて大丈夫です。勝手に記憶に定着するのを待つだけなので焦らなくて大丈夫です。

ステップ③:音声だけ聴いて1秒以内にイメージする(4ヶ月)

third step of learning english words

ステップ①と②を終えれば、日本語を使わずにだいたいの単語の意味がわかってきます。ステップ③からは毎日、1秒以内にイメージできた単語とできなかった単語をチェックします。

一つ一つの単語が理解できてるのか必ずチェックしてください。チェックしないとただの聞き流しになるので意味がなくなります。

トータルの期間は半年間くらいでしたが、毎日1000語やって920語くらいは瞬間的に意味がわかるようになりました。

定着率が90%を平均して出せるようになってから単語学習はやめましたが、その後の半年間くらいは忘れませんでした。記憶に完全に定着したみたいです。

補足①:定着率が90%維持できれば単語学習は卒業です

1日1000語くらいやるので、最初は60〜70%くらいからのスタートになりますが、4ヶ月真剣にやれば90%近くになります。

毎日90%が維持できるようになればその単語帳を卒業して大丈夫です。

定着率90%あれば十分です。3000語の単語帳だと2700語は瞬間的に意味がわかるのでリーディングやリスニングで十分使えるレベルです。

補足②:単語帳は簡単なものから始める

ほぼわからない単語しかない単語帳を使うと定着するまでにかなりの時間がかかります。しかも全然覚えられなくてモチベーションが下がります。

単語帳を見て半分くらいはなんとなく知ってるくらいのものが良いです。

できれば中学英語から始めるのがおすすめです。意外と中学レベルの単語も瞬間的に意味がわからないものがあります。僕も中学レベルのものから始めました。

おすすめの単語帳を紹介します

man promising success

僕が実際に使った単語帳からおすすめのものを紹介します。

初心者におすすめの単語帳

単語学習を始める初心者の人におすすめしたい単語帳です。

知ってる単語が多いので単語のイメージがしやすいです。簡単にサクサク進めるので習慣化しやすいのもメリットです。

中学レベルが完璧じゃないと高校・大学レベルの単語は難しいので振り返りのつもりでやってみましょう。

高校生・大学生におすすめの単語帳

松本茂 (著, 監修), Robert Gaynor (著), Gail Oura (著) (2018/3/14)

大学受験やTOEIC600〜800点くらいを狙う人向けです。僕はこの単語帳を使ってTOEIC650点を取れました。

大学受験をした人なら半分くらいは知ってる単語なので比較的サクサク進めます。

ただ、付属のCDが英語→日本語のリズムで進むタイプではないので、音声で覚えたい人には向かないかもです。

英語を本格的に学びたい人向け

神部 孝 (著) (2014/2/21)

僕がアメリカの大学院に出願するために、IELTSの勉強をしてた時に使ってた単語帳です。

パート1〜4まであって、1と2はCore1900に出てくるような単語なのでここは問題ないです。しかし、パート3と4が今まで見たことがない単語だったので定着するのに半年かかりました。

付属のCDは英語→日本語が1秒以内に流れるので1000語やっても1時間かからないです。

留学を考えてる人や英語を使った仕事をしたい人にはおすすめです。

今回は以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください