【レアジョブ】1ヶ月でIELTSのスピーキングが3.0→6.5に!おすすめサイト4つも公開

今回は僕が「レアジョブ」を使って、IELTSのスピーキングスコアを「3.0→6.5」に上げた方法を書きます。

DMM英会話を使った場合のメリットも別の記事にまとめましたので、参考までにリンクを貼っておきます。

【DMM英会話】日本で英語が話せるようになるコスパ最強の英会話
英語は日本語と比べると発音、リズム、イントネーション、文法などすべてが別物です。そのため、毎日英語を使ったとしても、最低でも1年...

スポンサーリンク

レアジョブで覚えた内容を話す

 

覚えた文章やフレーズをまずは独り言で練習して、考えなくても口から英語が出てくるようにします。

この段階でレアジョブを使って実際の試験方式で練習をします。レアジョブにはIELTSの面接官だった人がけっこういますので、「語彙」「時制」「内容」などについて的確なアドバイスをもらえます。また、練習後にスピーキングスコアも教えてくれますので、モチベーション維持にもいいと思います。

レアジョブを使うメリット

  • 覚えた内容を第三者に話せる
  • 元IELTS面接官がだった人がけっこういる
  • 想定外の質問に対して即興で話す機会がある
  • 講師数が多いので、毎日誰かしらと英語で話せる

 

おすすめのレアジョブ講師

たぶん、100人くらいの講師とスカイプしたと思いますが、その中でおすすめの講師を紹介します。

講師名:Bel
講師歴:8年
職歴:2008/06~現在 英語教師/教育・トレーナー

 

Belさんはおそらくレアジョブで1位を争うほど人気の講師です。ブックマーク数順に講師を表示するといつも1位に表示されます。

僕はPart2の練習をBelさんにお願いしました。一般的な講師の人は25分間でPart2の練習を1回やって、あとはレビューの流れが多かったのですが、Belさんの場合は同じトピックで2回練習して別のトピックも1回やるほど効率的にレッスンしてくれました。レビューも間違ったところすべて指摘するのではなく、僕のレベルに合わせて必要なところだけピックアップしてくれました。

講師名:Chloeta
講師歴:2年
職歴:2014/04~現在 英語教師/教育・トレーナー(IELTS/TOEFL)

 

ChloetaさんはIELTS面接官の資格を持っています。IELTSの点数を聞いたところ、Overall 9.0だそうです。

ブックマーク数もそんなに多くはないので、予約も比較的簡単に取れます。

僕がレアジョブで一番お世話になった講師がChloetaさんです。

Chloetaさんのレビューは語彙や文法だけでなく、話の内容や展開まで細かく入ります。すべてを修正するのは難しいので、良いとこ取りをすればいいと思います。

Chloetaさんからスピーキングテストの採点方法について聞いたところ、2人の面接官の平均をとるそうです。一人が実際に面接をし、別の人は録音したテープを聞くそうです。ですので、ポイントとしては「大きく」「はっきり」話すことが重要で、特に「RとL」「THとS」の発音ははっきり区別しないと減点になるとのことです。

 

出題トピックを覚えるのにおすすめのWebサイト

 

そもそもIELTSのスピーキングテストは「会話力」より「プレゼン力」が試されると思います。これは面接官の質問にこちらが答えたあと、その内容について面接官からの質問がないからです。

ですので、出題されるトピックをあらかじめ押えておけば、文法や語彙の間違いを少なくできると思います。

IELTS Simon

ielts-simonielts-simon.com
元IELTS ExaminerのSimon先生のWebサイト
IELTSのReading/Listening/Writing/SpeakingのTipsが書かれてます

 

Lefroyee

lefroyee.comlefroyee
Pirlo Wangさんによって設立されたWebサイト
IELTSのWritingとSpeakingのTipsが書かれてます

 

この2つのWebサイトはスピーキングのトピックがたくさん載っているのでおすすめです。

Simon先生のWebサイトには「eBook」というライティング用のアイデア・トピック集があります。ちなみに20ポンドします。僕も購入して使ってみたところ、テクノロジーや環境問題など幅広くアイデアが載っていたので、スピーキングにも応用できるところが多かったです。この「eBook」にはアカデミックワードと呼ばれる知的な語彙がたくさん使われてます。

 

発音を良くするのにおすすめのWebサイト

 

自分の発音が気になるという方におすすめのWebサイトを紹介します。

英語には日本語と違って、単語レベルと文章レベルの2つの発音がしっかりしていないと英語っぽく聞こえません。なので、単語レベル(母音+子音)と文章レベル(リズム)の2つを練習することができるYouTubeのサイトを紹介します。

mmmEnglish

English Vowel Sounds – Pronunciation Training
Emmaさんという方のYouTubeチャンネル
母音の発音についてかなり詳しく説明されています。発音はブリティッシュ英語です。

 

ElementalEnglish

Stress and Rhythm in English Pronunciation
ElementalEnglish.comのYouTubeチャンネル
英語の文章レベルの発音が詳しく説明されています。文章をリズムとして考え、音の長短やアクセントの強弱を意識します。

 

スピーキングスコアが伸び悩んでいる人へ

 

会話力を向上させてスピーキングのスコアアップをする方法はおすすめできません。

なぜなら、IELTSのスピーキングは「会話力の向上=スコアアップ」にはならないからです。

トピックに左右されることが多いので、まずはIELTSに特化したスピーキング対策をすることをおすすめします。そして、スコアが取れたあとに会話力向上のための勉強をすればよいと思います。

僕はIELTS対策のために、Part1は33トピック、Part2は23トピック覚えてペラペラ話せるようにしました。実際の試験では、Part2は想定外のトピックがけっこうありましたが、Part1はほぼ知っているトピックでしたので、効果はありました。

スピーキングスコアが伸び悩んでいる人は対応できるトピックのレパートリーを増やすことをおすすめします!

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。