ニューヨーク旅行のためのメトロカードの買い方と路線マップ

ニューヨークでは街全体がグリッド状に整備され、すべての通りに名前が存在するので位置情報がわかりやすい。通りの名前も基本的には番号で表現するので簡単に覚えられる。特にマンハッタンでは10ブロックごとにメトロの駅があるので、メトロを使いこなせれば街の隅々まで簡単に行くことができる。事前にメトロカードの買い方と路線ごとのマップを見ておくだけで準備は万全だ。

スポンサーリンク


メトロカードの買い方


Photo 2017-03-17 19 41 55

メトロの改札付近にある券売機。たまにクレジットカードしか使えなかったり、現金のみしか使えないときがある。

 

Photo 2017-03-18 9 28 57

画面右上の「Start」を押す。

 

Photo 2017-03-18 9 29 01

言語を選択する。この券売機では「英語」「スペイン語」「フランス語」「韓国語」となっているが、実際には韓国語よりも中国語を表示している機械のほうが多い。

 

Photo 2017-03-18 9 29 30
 Fast $9 MetroCard
9ドル分がチャージされたメトロカード。別途で新規カード発行料1ドル。
 MetroCard
自分のメトロカードへのチャージ。
 SingleRide
3ドルで1回だけの利用。現金のみ。

Fast $9 MetroCardを購入して使い切ってチャージすることをすすめる。メトロの利用は距離に関係なく1回2.75ドルなのでSingleRideよりも安い。さらに毎回券売機でSingleRideを買うのは手間であり、列もできているので余計なストレスだ。待っている間に電車を逃してしまうかもしれない。

Fast $9 MetroCardとSingleRideを選択した場合は支払画面に飛ぶだけなので、ここではMetroCardを選択した場合を説明する。

 

Photo 2017-03-18 9 29 53
 Refill your card: メトロカードへのチャージ
 Get Card Info: 残高照会
 Get New card: 新しいメトロカードの発行

一般的にはRefill your cardを選択してメトロカードへチャージをする。

 

Photo 2017-03-18 9 30 01

メトロカードを右側の黄色の箇所へ差し込む。

 

Photo 2017-03-18 9 30 11
 Add Value: 指定した金額のチャージ
 Add Time: 7日間($33)/30日間($127)乗り放題のカード

学生や社会人の場合はAdd Timeを購入するほうが安く済むだけでなく、通勤時のチャージ待ちの必要もない。

 

Photo 2017-03-18 9 30 18

「Add Value」では5.5ドル、10ドル、20ドル、27.25ドル、40ドルから選択する。チャージ金額の下に小さく書かれているのはボーナスのこと。金額指定は可能だが、5セントで割り切れる金額であり、最大が80ドルという制約がある。

 

Photo 2017-03-18 9 30 31

支払画面では「Cash」「ATM Card」「Credit Card」の3つから選ぶ。

 

Photo 2017-03-18 9 30 46

クレジットカードとATMカードを選択した場合、下の青い箇所に差し込む。このとき差し込むと同時にすばやくカードを抜く必要があり、これはアメリカでは一般的でdip(ディップ)と呼ぶ。

 

Photo 2017-03-18 9 31 06

クレジットカード請求先の郵便番号は外国人は「99999」を入力する。これはメトロ会社が公式に告知していることである。アメリカでは色々な場面で該当番号がないときに「99999」は使われる。

 

Photo 2017-03-18 9 31 15

チャージが完了したので、「OK」を押す。

 

Photo 2017-03-18 9 31 27

メトロカードを取る。

 

Photo 2017-03-18 9 31 34

レシートが必要であればYesを選択する。

 

メトロの乗り方

Photo 2017-03-17 13 26 32

メトロカードを写真の向きでスライドさせる。

 

Photo 2017-03-18 10 05 55

スライドした後にカチャという音がするとバーを回すことができる。反対側から改札を出る人もバーを回してくるのでタイミングに注意。「Entry」の下には残額が表示される。

 メトロの注意点

・大きな駅でない限り、上りと下のホームはつながっていないので改札に入る前に確認する
・電光掲示版には電車の到着時刻ではなく、何分後に来るのかが表示される
・ホームに時刻表や路線図は設置されていない

メトロの路線マップ

途中で枝分かれするが、マンハッタン内であれば同じ線路を共有するので停車する駅はほぼ同じ。

 「1」「2」「3」
中央付近を通り、セントラルパークからは西側を走る。
 「A」「C」「E」
セントラルパークまでは西側を通り、A/Cはセントラルパークの西側ぴったりを走り、Eはクイーンズ方面へ枝分かれする。
 「B」「D」「F」「M」
セントラルパークまでは中央付近を通り、そこからB/Dは西側、F/Mはクイーンズ方面へ枝分かれする。
 「N」「Q」「R」
ニューヨーク大学までは東側を通り、そこからセントラルパークの入り口に沿う形でクイーンズ方面へ向かう。
 「4」「5」「6」
東側を通る。

 「1」「2」「3」の路線マップ

Chambers Stから96 Stまでは同じ駅に停車する。

 「A」「C」「E」の路線マップ

どの路線もCanal Stから50 Stまでは同じ駅に停車する。AとCは168 Stまで同じ駅に停車する。

 「B」「D」「F」「M」の路線マップ

どの路線もBroadway-Lafayette Stから47-50 Sts-Rockefeller Ctrまでは同じ駅に停車する。BとDはBedford Park Blvdまで行くが、Dが急行なので駅名の末尾にアイコンがあるところにだけ停車する。

 「N」「Q」「R」の路線マップ

 

Canal Stから57 St-7Avまで同じ駅に停車する。

 「4」「5」「6」の路線マップ

4と6はBrooklyn Bridge-City Hallから125 Stまで同じ駅に停車する。5だけは急行なのでBrooklyn Bridge-City Hallから125 Stまでの駅名の末尾にアイコンがあるところにだけ停車する。

スポンサーリンク

Message

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.