【事実】英語が聞き取れない3つの原因【簡単な理論で解説します】

man having questions
きよ
英語が速すぎて聞き取れないです。音がつながって聞こえるから余計に聞き取れないです。

このような悩みに答えます。

 本記事の内容

  • 英語が聞き取れない3つの原因
  • 英語が聞き取れるようにするための勉強法

 記事の信頼性
credibility of post

この記事を書いている僕はニューヨーク在住5年目です。実はすでにアメリカの大学院をGPA 3.86/4.0で卒業していて、今は2つ目の大学院で勉強しています。

僕は26歳の時に留学するために英語学習を始めました。今回は英語が聞き取れない原因について解説します。

英語が聞き取れない3つの原因【簡単な理論で説明します】

man having troubles

結論ですが、英語が聞き取れない原因は次の3つです。

  1. 単語を音で覚えてない
  2. 単語がつながるルールを知らない
  3. 自分のレベルに合ってない教材を使っている

①:単語を音で覚えてない

英語が聞き取れないけど、スクリプトを見たら知ってる単語ばっかりだったというのであれば要注意です。

単語を見たり書いたりして覚えていると、音で覚えてないから聞き取れないわけです。

単語は【音】で覚えないとパッと思い出すことができません。しかも1〜2回聞くだけでは少ないです。何十回も聞かないと記憶に刻み込めません。

②:単語がつながるルールを知らない

英語は日本語の【滑舌】の概念がないのでぼそぼそ喋ってる感じです。

英語の発声が腹式呼吸なので息を吐き続けます。なので、単語同士がくっついて聞こえます。

  • check it out(チェック イット アウト)
    → checki tout(チェキ ダウト)
  • in an account(イン アン アカウント)
    → ina naccout(イナ ナカウント)
  • click on it(クリック オン イット)
    → clickonit(クリッコニッ)

母音(a・i・u・e・o)で始まる単語は前の単語にくっつきます。

このルールを知った上で色んな音声を聞くと、法則性が見えてきます。

③:自分のレベルに合ってない教材を使っている

日本人ってなんだかんだ授業でリーディングは経験してるので強いんですが、英語を聞く練習はしてないのでリスニングは弱いんですよね。

野球で例えると、キャッチボールはできるけどバッティングはやったことがない人です。守備なら大丈夫だけど、バッティングは無理ですよね。

初心者がいきなりTOEICの問題から始めるのは無理があります。野球初心者が120キロのボールで練習するようなものです。

まずは簡単でゆっくりな教材からスタートして徐々にレベルを上げていくのが王道です。半分以上聞き取れない箇所があるとつまんなくなって継続できないです。

英語が聞き取れるようにするための勉強法

man reading books

僕が英語が聞き取れるまでに試した方法を紹介します。

  1. 単語を音声で覚える
  2. スクリプト付きの音声を聞いて音がつながってる箇所を意識する
  3. ゆっくりな教材から始める

①:単語を音声で覚える

僕の体験談ですが、単語は覚えようとしなくていいです。半年間くらい毎日やってたら勝手に覚えてたという状態にします。

自分の電話番号をスラスラ言える感じです。ずっと使ってると自然に覚えます。

単語帳はCDや音源が付いてるものを使ってください。英語が流れてから1秒くらいで日本語の意味が流れるものがベストです。

1,000個やっても30分〜1時間くらいなので通勤電車の中でもできます。

音声を使った単語の覚え方は【簡単で疲れない】英単語を覚える10個のコツ【誰でも定着率90%】の記事で詳しく解説しています。

②:スクリプト付きの音声を聞いて音がつながってる箇所を意識する

実は単語を音声で覚えても実際の英語は聞き取れないです。

さっき説明した単語同士のリンキングがあるので覚えた単語でも違う音に聞こえるからです。

なので、スクリプト付きの音声を聞いて聞き取れなかった箇所をチェックします。

冠詞の「a」や前置詞の「in」「on」「at」なんかは前後の単語とくっつくので、どういう音に変化してるのかを覚えます。

そして、単語同士がつながった音を意識して何度も聞きます。

③:ゆっくりな教材から始める

僕が留学前にずっと聞いていたポッドキャストを2つ紹介します。僕はiPhoneのポッドキャストアプリで無料で聞いてました。

ESLから始めるのがおすすめです。アメリカ人が30分くらい喋ってるんですが、最初はゆっくり話すので聞き取りやすいです。

6 Minute Englishは2人のイギリス人が喋ってるんですが、正直かなり速いです。僕は今では楽勝ですが、当時はかなり速いと思ってました。

結論:半年〜1年継続できれば聞き取れるようになる

最初の3ヶ月くらいは全然聞き取れないのでつまらないんですが、途中で諦めないでください。

あと、なんとなく聞くのもやめてください。集中しないと聞き流しになってまったく効果がありません。

毎回聞き取れなかった箇所をチェックして知らない単語はその都度覚えます。音のつながりで知ってる単語が聞き取れなかった場合はどう変化したのかを覚えます。

これを1年くらいやればある程度聞き取れます。というか、どの教材や音声も使う単語や表現って結構同じだったりするので1年もやればだいたい覚えられます。

今回は以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください