【留学・国内】勉強を楽しくする大学生におすすめのノートパソコン

ノートパソコン選びは学生のロマンだ。大学で友達と一緒にYouTubeを見たり、スタバで一人でレポートを書いたり、家でブログを書いたり。ドキドキの大学デビューから不安の就活まで、4年間を一緒に過ごす相棒だ。汚れや傷に自分の学生時代を思い返すだろう。今回は大学生におすすめのノートパソコンについてまとめる。




Asus ZenBook 13 UX333

© Asus ZenBook 13 UX333 / Digital Trends

価格:$780〜$850 ※国内価格:110,000円〜

CPU
Intel Core i5-8265U
メモリ
8GB
ストレージ
1TB SSD
サイズ
13.3インチ
重さ
1.09kg (2.4lbs)
バッテリー
動画: 13.65時間

 

トラックパッドがテンキーパッドに変身

© Asus ZenBook 13 UX333 / Digital Trends

トラックパッドに数字が浮かび上がるデザインはおしゃれだ。数字の配置がテンキーパッドと同じで、パソコンの下部にあるので手前で簡単に操作できる。このトラックパッドは通常の操作も可能で、右上の電卓マークをタッチすることで切り替わる。

他社を圧倒するディスプレイ性能


ディスプレイのコントラスト(Contrast)と色域(Color Gamut)の性能は非常に高い。コントラストにおいては新製品のApple MacBook Airやthe Lenovo Yoga C930、Surface Pro 6、4Kディスプレイを備えたThinkPad X1 Extremeにも勝っている。動画や写真を見るのに最適であり、$850という価格を考えればすばらしい。

長時間耐久できるバッテリー


バッテリーテストでは、1080pのビデオは819分、Webのブラウザは730分、ベンチマークテストでは294分でどれも1番だ。大学やカフェでの作業はバッテリーを気にすることなく快適にできるだろう。

Microsoft Surface Go

© Microsoft Surface Go / Digital Trends

価格:$490〜$640 ※国内価格:67,000円〜

CPU
Intel Pentium Gold 4415Y
メモリ
8GB
ストレージ
128GB SSD
サイズ
10インチ
重さ
0.52kg (1.15lbs)
バッテリー
動画: 8.05時間

タブレットでノートがとれる

© Microsoft Surface Go / Digital Trends

タブレットPCのメリットはディスプレイだけで使えるところにある。授業中のノートはタブレットに直接書き込むことも、キーボードを装着してWordやメモ帳に入力することもできる。友達に絵やグラフでアイデアを伝えたいときには最適だ。

持ち運びが楽チン

0.5kgしかないSurface Goは毎日持ち歩く大学生には本当に嬉しい。ノートPCを毎日リュックに入れていればわかるが、重くて疲れるしスペースも取る。重さを感じさせずに毎日運べることはノートPCを選ぶ上では重要だ。

ディスプレイとWebカメラのクオリティが高い

© Microsoft Surface Go / Digital Trends

ディスプレイがカバーする色域(色の幅)が広い。sRGBの色空間の97%、AdobeRGBの色空間74%をカバーしているので、色々なものを細かい部分まで表現できる。このおかげでWebカメラも綺麗に映せるのでSkypeのようなビデオチャットのクオリティも上がるだろう。

スタンドの柔軟性

© Microsoft Surface Go / Digital Trends

作業をするデスクの高さや大きさによってディスプレイの角度を変えたいところである。Surface Goのスタンドは手前にも反対側にも思いっきり曲げることができる。スタバのカウンター席で日光が差し込んできたときなんかはディスプレイの角度を変えれば反射を抑えたりもできる。

HP Chromebook x2

© HP Chromebook x2 / Digital Trends

価格:$450〜$600

CPU
Intel Core m3-7Y30
メモリ
4GB
ストレージ
32GB SSD
サイズ
12.3インチ
重さ
1.39kg (3.3lbs)
バッテリー
動画: 9.8時間

タブレットだけでも使える

© HP Chromebook x2 / Digital Trends

ノートPCと同じサイズだが、キーボードは着脱可能なのでタブレットとしても使える。Surfaceよりもディスプレイのサイズが大きいので動画を見たり、ネットの調べ物は捗るだろう。キーボードを装着してもディスプレイへのタッチ操作が可能なので指でスワイプさせたりペンで書きこむこともできる。

体感速度が速い

Webブラウザの応答速度を測るSpeedometer 2.0のベンチマークテストのスコアは75.1であり、これはどのChromebookよりも速く、Core i7-8550Uを搭載したAsus ZenBook Sの72.1も上回っていた。インターネットをよく使う大学生には体感速度の速さは調べ物をする上で重要だ。

バッテリーの持ちの良さ


ビデオを見るのと、インターネットを楽しむのであれば10時間ほど持つバッテリーだ。大学やカフェで宿題をやったり、好きな作業をするのにバッテリーを気にする心配はない。

 

MacBook Air 2018

© MacBook Air 2018 / Digital Trends

価格:$1,199〜$1,399 ※国内価格:134,800円〜156,800円

CPU
Intel Core i5-8210Y
メモリ
8GB
ストレージ
128GB/256GB SSD
サイズ
13.3インチ
重さ
1.25kg (2.75lbs)
バッテリー
動画: 10.2時間

スタイリッシュな軽さと薄さ

© MacBook Air 2018 / Digital Trends

0.6インチの薄さはAirの名を持つMacBook Airの最大の強み。僕はどこに行くのにもリュックにMacBook Airを入れて持ち運ぶ。重さはほとんど感じない。そしていつ見てもシルバーのシンプルなデザインはかっこいい。

トラックパッドはまさに神

© MacBook Air 2018 / Digital Trends

指の本数や動かす方向によって機能が変わるトラックパッドはまさに魔法だ。慣れればマウス操作よりも圧倒的に速く動かせることに気づくだろう。アメリカの大学だと机と椅子が合体したデスクチェアを使うのが一般的で、机のスペースが小さいのでマスクを置くことができない。このトラックパッドであればどこでも簡単に使うことができる。

圧倒的な起動速度

スリープ解除からデスクトップで操作するまで1秒は切るだろう。授業中に教授が話したことをすぐに調べたり、友達にすぐに見せたいものがあったときに1〜2分待つのはかなり長い。MacBook Air 2018にはタッチIDがキーボードに備わっているので、パスワードを入力する必要はなく指紋認証だけでログインできる。

Retinaディスプレイ

MacBook ProだけだったRetinaディスプレイがついにMacBook Airに搭載された。動画や写真を見るのに最適であり、動画編集をするにもより綺麗なディスプレイで見れるようになるのは嬉しい。

 

Acer Aspire E 15

© Acer Aspire E 15 / Digital Trends

価格:$350〜$600

CPU
Intel Core i5-8250U
メモリ
8GB
ストレージ
256GB SSD
サイズ
15.6インチ
重さ
2.4kg (5.27lbs)
バッテリー
動画: 12.1時間

コストパフォーマンスが最高

$600という価格で$1,000クラスのスペックを備えている。15.6インチのフルHDディスプレイ、第8世代のIntel Core i5、メモリ8GB、ストレージ256BB SSDは大学生には十分すぎる性能だ。

ディスプレイのパフォーマンスが高い

ディスプレイのコントラストと色精度は$1,000クラスのノートPCよりも良い。

PCゲームが快適にできる


Acer Aspire E 15のGPUはNvidia GeForce MX150である。ゲーム専用のPCに比べると及ばないが、ゲームパフォーマンスは他のノートPCよりもはるかに良い。PCゲームをやってみたい人にはおすすめのノートPCだ。

バッテリーの持ちの良さ


ビデオは726分、インターネットなら551分耐久できるバッテリーだ。10時間バッテリーを気にしなくてよいので、実質1日中気にすることはない。家に帰って充電すれば次の日は問題なく使えるということだ。

 

Dell XPS 13

© Dell XPS 13 / Digital Trends

価格:$1,570〜$1,990

CPU
Intel Core i7-8565U
メモリ
16GB
ストレージ
1TB SSD
サイズ
13.3インチ
重さ
1.23kg (2.7lbs)
バッテリー
動画: 7.1時間

スペックは最高峰

Core i7のCPU、16GBのメモリ、1TBのストレージを持つスペックは完璧だ。ストレージ容量の桁がテラバイトであり、他のノートPCが256GBなので4倍近くもある。しかし、価格が20万円ほどするのがネックだ。

MacBook Air 2018よりも薄くて軽い

© Dell XPS 13 / Digital Trends

0.4インチの薄さと1.23kgの重さはMacBook Air 2018よりも薄くて軽い。高級感の漂うデザインもすばらしくスライリッシュだ。リュックに入れて持ち運ぶにはばっちりだ。

綺麗な4Kディスプレイ


コントラストではAsus ZenBook 13 UX333FNに劣るが、色域と色精度ではトップだ。4Kディスプレイを備えるDell XPS 13は肉眼で見ても細部まで綺麗に表現してくれる。

スポンサーリンク

Message

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.