さくっと写真でイメージできる、ニューヨークの地下鉄(メトロ)の乗り方

2ヶ月前のSpring Break(春休み)にマンハッタンに行ってきました。

ニューヨークシティのメトロは確かに便利ですが、切符の買い方や乗り方など東京と比較するといくつかわかりにくいところがありました。

この記事では、メトロについて、注意点を含めてお話したいと思います。

スポンサーリンク

切符(チケット)の種類

 

チケットは「Fast $9 MetroCard」「MetroCard」「SingleRide」の3種類から選択します。

料金に関しては、日本とは違って距離に関わらず一律料金(2.5ドル)です。改札を入ってから改札を出るまでが1カウントとなります。また、ニューヨークのMetroCardは東京のSuicaと同じイメージです。

✱ Fast $9 MetroCard
9ドルがチャージされたメトロカードです。購入時に新規カード発行料1ドルが必要なので、実質10ドル支払います。

✱ MetroCard
自分のメトロカードにチャージをします。チャージ金額は5.5ドル、10ドル、20ドル、27.25ドル、40ドルから選択します。

✱ SingleRide
1回のみ(改札から改札までの1カウント)利用できるカードです。現金のみ対応なので、クレジットカードは使えません。金額は3ドルで、購入時から2時間まで有効です。また、このカードにチャージをすることはできません

 

Photo 2017-03-18 11 15 18

左側がMetroCardで、右側がSingleRideのチケットです。

 

チケット購入の流れ


Photo 2017-03-17 19 41 55

メトロの改札付近に写真のような機械があると思います。写真のは現金とクレジットカードの両方が使えるタイプの機械です。機械によってはクレジットカードしか使えないものや、コインのみでお札が使えないものもあります。

 

Photo 2017-03-18 9 28 57

まずは画面右上の「Start」を押します。

 

Photo 2017-03-18 9 29 01

次に言語を選択します。「英語」「スペイン語」「フランス語」「韓国語」の4つから選択できます。

 

Photo 2017-03-18 9 29 30

ここからは購入するチケットの種類によって画面が変わってきます。

 

MetroCard の場合

 

Photo 2017-03-18 9 29 53

「Refill your card」「Get Card Info」「Get New card」の3つから選択します。それぞれ、チャージ、カード残高照会、新規カード発行(1ドルプラス)の意味です。

 

Photo 2017-03-18 9 30 01

新規発行ではなく自分の持っているカードにチャージする場合、持っているカードを差し込みます。

 

Photo 2017-03-18 9 30 11

次に「Add Value(金額追加)」「Add Time(時間追加)」のどちらかを選択します。Add Valueが選択した金額のチャージで、Add Timeは7日間 or 30日間乗り放題のことです。Add Valueでのチャージが日本でのSuicaのイメージですね。

 

Photo 2017-03-18 9 30 18

「Add Value」の場合。5.5ドル、10ドル、20ドル、27.25ドル、40ドルから選択します。チャージ金額の下に小さくボーナスと書かれていますが、これはチャージ金額とは別におまけされるものです。

 

Photo 2017-03-18 9 30 31

チャージ金額を選んだら、この画面で支払方法を選択します。「Cash」「ATM Card」「Credit Card」の3つから選びます。

 

Photo 2017-03-18 9 30 46

クレジットカードを選択した場合。クレジットカードを差し込んでくださいと指示があります。どこに差し込むのかは次の写真にまとめてあります。

 

Photo 2017-03-17 19 41 55

この写真の該当するところに現金やクレジットカードを入れます。どこからチケットやレシートが出てくるのかもわかります。

 

Photo 2017-03-18 9 31 06

この画面ではクレジットカード請求先の「ZIP code(郵便番号)」を入力します。クレジットカードを差し込むところの右側に数字を入力できるボタンがありますので、それで入力します。テキトーでかまいませんので、タイムズスクエアの郵便番号(10036)でも入力しておきましょうw

 

Photo 2017-03-18 9 31 15

チャージが完了しましたので、「OK」を押します。

 

Photo 2017-03-18 9 31 27

メトロカードを取ります。

 

Photo 2017-03-18 9 31 34

最後にレシートの有無です。

 

SingleRide & Fast $9 MetroCard の場合

 

Photo 2017-03-18 9 29 37

この画面はSingleRideですが、Fast $9 MetroCardでも同じ画面が出てきます。

支払方法を選択します。ここからの手続きはMetroCardと同じになります。

 

✱ 注意点

Photo 2017-03-18 9 29 13

機械によってはクレジットカードが使えなかったり、コインしか使えない機械があるとお話しましたが、SingleRideのチケットが一時的に使えない機械もあります。

また、日本のクレジットカードの種類によっては認証されないカードもありますので、別の会社のカードを複数持っておくのも良いかもしれません。僕はセゾンカードを使ったところ、駅や改札によって認証されたり、されなかったりしました。

 

メトロの乗り方

 

Photo 2017-03-17 13 26 32

チケットを写真の向きでスライドさせます。

 

Photo 2017-03-18 10 05 55

チケットをスライドすると、「Entry」の下に金額が表示され、カチャみたいな音がしたと思います。そして、バーを回して改札の中に入ります。モタモタしていると、バーが閉まってしまいますので、気をつけてください。

 

メトロの注意点

 

  • 日本とは違って改札はつながっていませんので、反対のホームに行きたい場合は一度改札を出る必要があります。間違って反対のホームの改札を通ってしまった場合、改札は無料で出れますので、正しい方の改札に行って、そこの駅員に事情を話してください。
  • クレジットカードの種類によっては認証されない場合がありますので、複数の会社のクレジットカードを持っておいたほうが良いと思います。
  • 路線図が駅のホームにないのと、時刻表には終点の駅名しか書かれていないので、行き先と路線は要チェックです。
  • メトロに乗ると、必ずと言っていいほどホームレスが乗ってきます。アメリカのホームレスは演説をしたあと、お金持ってる人は恵んでくださいと言って通り過ぎていきます。お金を出さなかったから暴力を振るわれることはないと思うので、英語がわからなかった振りでも大丈夫です。
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。