留学に持っていきたい、すごく便利なグッズ 10個

今回は、渡米前に日本で購入しておきたい持ち物についての記事になります。飛行機の荷物制限の関係で、荷物は最小限にしたほうが良いですが、留学中にAmazonで注文すると海外配送なので割高になります。僕の経験の範囲で、あると便利なものについて10個厳選してみます。

スポンサーリンク

1. 携帯ウォシュレット

Screen Shot 2017-08-23 at 22.46.01

タンク部分に水を入れてスイッチを押すことで、20秒ほど使用することができます。上の画像はパナソニックが販売している「ハンディ・トワレ DL-P300」です。Amazonでは6,780円しますが、ヨドバシカメラでは5,900円で購入できます。TOTOも携帯ウォシュレットを販売していますが、パナソニックのはペットボドルを接続することができるので給水の心配がありません。僕もヨドバシカメラで購入しました。

アメリカは空気が乾燥しているのと、トイレットペーパーが硬いこともあって拭き心地は良くないです。留学中の友達も携帯ウォシュレットは欲しいと言っていたくらいです。

 

2. 海外対応のドライヤー

Photo 2017-08-23 23 44 57

対応電圧を日本(100V〜120V)→海外(220V〜240V)にスイッチすることで、日本でも海外でもドライヤーを使用することができます。上の画像はカシムラという会社が販売している「misty」という製品であり、ヨドバシカメラで1,500円で購入したものです。サイズも一般的なドライヤーよりも小型なのでスーツケースにも収納しやすいです。

変圧器は3,000〜5,000円くらいするのと、サイズも少し大きいのでおすすめできません。また、アメリカでドライヤーを購入したことがありますが、かなりサイズが大きいので旅行向きではありません。

 

3. モバイルバッテリー

battery-1049664_960_720

外出時はスマホを使ってGoogleマップで現在地を確認したり、FacebookやInstagramのタイムラインを見たり、YouTubeで動画を見たりすることで電池を早く消費します。そんなときにモバイルバッテリーがあればかなり安心です。最近のはかなり小型になっているので持ち運びにすごく便利です。

僕はiPhoneを一時的に充電するときはMacBook Airを使っていますが、カフェでないとPCが置けないので新たにモバイル用のバッテリーを購入しました。

 

4. SIMカード取り出しピン

1000pcs-lot-SIM-Card-Tray-font-b-Eject-b-font-Ejector-Pin-Removal-Tools-Key-Remove
アメリカでは空港の売店や自販機、Walmartなどのスーパー、携帯ショップでSIMカードを購入できますが、携帯ショップ以外ではスタッフがSIMカードを入れてくれることはほぼありません。自分でやらなければいけないので、SIMカードを出し入れするためのピンが必要になります。安全ピンやクリップでも対応できるみたいですが、SIM用のピンを持っていくことをおすすめします。

 

5. 折りたたみ傘

雨が降った時にさっと出せるよう、リュックにいつも入れていても問題ないサイズのものがベストです。アメリカでは傘を使う文化がないので、傘の品質や使い勝手では日本製が一番です。僕が使っているのはコーナンで購入した65cmの折りたたみ傘です。

 

6. 室内用のスリッパ

hut-finch-1938222_960_720

アメリカでは室内でスリッパを履く習慣はないので基本的には靴を履きます。サンダルや上履きのようなものは売っていますが、日本人が室内で使用するスリッパを手に入れるのは難しいと思います。

 

7. 歯ブラシ&歯磨き粉

アメリカの歯ブラシはブラシの部分が大きく、多方面から磨けるようにブラシの角度がバラバラです。購入したことはありませんが、すごく使いにずらそうでした。また、歯磨き粉は一度試してみましたが、ミントの清涼感が強すぎでした。余談ですが、アメリカのミンティアは歯磨き粉の味がしてまったく食べられませんでした。

 

8. お箸

c-35013

僕が留学している地域では、WalmartやJCPenneyなどの大型スーパーでお箸は売っていませんでした。割り箸さえありませんでした。アメリカでは麺類はフォークを使うことが一般的みたいなので、お箸は日本から持って来るか、アジア系のスーパーで購入するかのどちらかになります。

 

9. うちわ&扇子

アメリカでは暖房があっても冷房がない建物があります。僕が住んでる学生寮にもクーラーは付いていないので、夏は窓を開けて風を入れるようにします。最高気温が30°C弱なのでなんとかなりますが、うちわや扇子があればよかったと思いました。アメリカには日本のような小型の扇風機ではなく、大型の業務用のしかありません。

 

10. ノート&ホッチキス

アメリカで売ってるノートの材質、ページ数、構成は日本のと全然違うので書き心地がかなり悪かったです。アメリカのノートはページの左側にコメント欄がありますが、個人的にこのスペースは嫌いなので、Amazonで注文した日本のノートを使っています。

また、アメリカのホッチキスはすぐに壊れたり、取れないように芯が複雑に重なっていてすごく不便でした。日本のは小型で、芯も取り替えやすく、壊れにくいのでおすすめです。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。