日本で外国人と話せる、オススメの3つの英語学習方法

僕はアメリカの大学院に留学するまで、20年以上日本で暮らしてきました。海外留学をしたことはなく、外国人の友達もいませんでしたので英語は全く話せませんでした。そこから1年間勉強して大学院に合格し、なんとか英語で意思疎通ができるくらい話せるようになりました。

前提として、英語は使わなければ絶対話せるようにはなりません。しかし、観光客以外の外国人と話すことができる場所も多くはありません。今回は日本にいて英語を話すことができる場所について紹介します。

スポンサーリンク

1. オンライン英会話はコスパ最高

このブログでもオンライン英会話についての記事は2つほど書きました。

【レアジョブ】1ヶ月でIELTSのスピーキングが3.0→6.5に!おすすめサイト4つも公開
今回は僕が「レアジョブ」を使って、IELTSのスピーキングスコアを「3.0→6.5」に上げた方法を書きます。DMM英会話を使った場合のメリ...
【DMM英会話】日本で英語が話せるようになるコスパ最強の英会話
英語は日本語と比べると発音、リズム、イントネーション、文法などすべてが別物です。そのため、毎日英語を使ったとしても、最低でも1年...

 

オンライン英会話のメリット

  • 1ヶ月約5,000円で毎日25分間英語が話せる
  • レッスンの予約とキャンセルは30分前まで対応
  • スマホやタブレットでもレッスンが受けられる

 

1ヶ月約5,000円で毎日25分間英語が話せる

オンライン英会話のメリットは費用が安く、毎日レッスンが受けられることです。大手英会話スクールでは週に1、2回の授業で月額30〜50万円ほどかかりますが、DMM英会話やレアジョブでは月額約5,000円で毎日レッスンを受けることができます。週に1、2回では英語を話す感覚を忘れてしまいます。講師のレベルは大手のスクールと比較すると落ちてしまいますが、最初のころは教えてもらうことよりも自分が話すことのほうが大事ですので、できる限り毎日英語を使える環境のほうが良いです。

また、レッスン時間も25分ですので気軽にできますし、スキマ時間で対応することも可能です。大手スクールの1時間のレッスンですと、長く続けていく上でストレスになることもあります。

 

レッスンの予約とキャンセルは30分前まで対応

オンライン英会話では、急な予定変更に柔軟に対応できます。レッスン開始の30分前であれば予約のキャンセルと新たな予約ができます。オンライン英会話の講師はたくさんいますので、急に予定が空いたときに対応できる講師は必ずいます。大手スクールでは1〜2週間前には予約を入れる必要があるので、ここまで柔軟に対応することは難しいです。

また、レッスン可能時間もオンラインであれば24時間いつでも可能ですが、大手スクールでは営業時間内に限られますので、社会人にはあまり向いていません。

 

スマホやタブレットがあればどこでもレッスンを受けられる

オンライン英会話はSkypeで行うことが多く、アプリをダウンロードすればスマホでも使えますので、公園のベンチやショッピングモール、カフェなど、どこでもレッスンを受けることができます。

英会話スクールに通う場合、レッスン以外に通勤時間が発生しますが、オンライン英会話の場合は習い事というよりは趣味に近い感じで続けることができます。

 

2. 英会話カフェで生きた英語に触れる

couple-1236137_960_720
英会話カフェはスタバやドトールのような雰囲気やコーヒーを楽しむカフェではなく、外国人スタッフを囲んで英語を話すタイプのカフェです。

レッスン形式ではなく、日本のことから海外のことなど好きなことを話します。1つのテーブルには外国人スタッフが1人いて、そこに日本人が1〜5人くらいいる感じです。曜日や時間帯によっては人が少なく、外国人スタッフを独り占めできたこともありました。

英会話カフェのメリット

  • 一般の外国人と生きた英語を使うことができる
  • わからないことを伝える努力ができる

 

一般の外国人と生きた英語を使うことができる

オンライン英会話やスクールでは講師とのレッスン形式を取りますが、英会話カフェでは講師ではなく日本に留学している外国人が担当することが多いので、食べ物のことや洋服、電車、スポーツなど、生きた英語を使うことができます。また、テスト英語ではないので日常的に使用する単語や文法などの語彙を学ぶことができます。

オンライン英会話ではPCやスマホの画面を見ますのでどこか離れている感じがしますが、英会話カフェでは顔を合わせますので自分の耳で生の英語を聞き、自分の生の声を届けることができます。

 

わからないことを伝える努力ができる

オンライン英会話であれば、テキストメッセージで伝えることも可能ですが、英会話カフェでは自分の脳を最大限に活用して伝える努力をしなければいけません。外国人スタッフはわからないことは「どうゆうこと?」と聞きますので、自分が知っている語彙をフル活用して伝える努力ができます。恥ずかしかったり悔しかったことは記憶に定着しやすいので、言えなかった表現を覚える良い機会になります。

 

僕が行ったことのある2つの英会話カフェを紹介します。


英会話喫茶ミッキーハウス

場所:高田馬場
営業時間:月〜金→18:00〜23:00/土〜日→13:00〜18:00
料金:一般→1,900円/学生→1,500円
Webサイト:http://www.mickeyhouse.jp/Top_Japanese.htm

 


英会話カフェ LeafCup

最寄駅:飯田橋、渋谷、横浜、大阪
営業時間:月〜金→15:00〜22:00/土〜日→11:00〜19:00/祝日→14:00〜19:00
料金:1時間1,000円、以降30分ごとに400円
Webサイト:https://leafcup.com/

※LeafCupはお店が4つありますが、僕が行ったのは渋谷です。

 

3. イギリス風パブ「HUB」で英会話

都内のHUBでは、お客さんのほとんどは外国人です。お酒が入っていることもあり、知らない人同士で会話しているところを何度も見ました。中には一人で来ていて、積極的に話しかけている人もいました。

外国人はフレンドリーな人が多く、話しかけても嫌な顔をする人はそんなにいないと感じました。人の出入りも多いので、少し話してみて合わなければ次の人に行くのも良いかもしれません。

 

最後に

渋谷や浅草などの観光地に行って外国人に話しかけるのも良いですが、多くの人は観光客であって予定があるので、快く会話に付き合ってくれることはないと思います。現状、オンライン英会話、英会話カフェ、HUBの3つが日本にいて英語のスピーキング練習ができる方法だと思います。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。