【DMM英会話】日本で英語が話せるようになるコスパ最強の英会話

英語は日本語と比べると発音、リズム、イントネーション、文法などすべてが別物です。そのため、毎日英語を使ったとしても、最低でも1年間は続けないと英語は話せるようになったと実感することは難しいです。僕の場合では、日本で1年間オンライン英会話で勉強してから大学院留学をしましたので、今回はおすすめするDMM英会話と勉強方法についてまとめます。

IELTSのスピーキングを勉強したときはレアジョブを使っていて、そのときに1ヶ月でスコアを3.0→6.5に上げることができたので、リンクを貼っておきます。

【レアジョブ】1ヶ月でIELTSのスピーキングが3.0→6.5に!おすすめサイト4つも公開
今回は僕が「レアジョブ」を使って、IELTSのスピーキングスコアを「3.0→6.5」に上げた方法を書きます。DMM英会話を使った場合のメリ...

 

スポンサーリンク

1. DMM英会話のメリット

adult-1867751_960_720

とにかく安い

DMM英会話では毎日1レッスン25分で5,500円/月です。普通の英会話に通えば週1回50分のレッスンで10,000円/月くらいしますので圧倒的に安いです。この1ヶ月というのは、サービスの利用を開始した日から1ヶ月間という意味ですので、月初めや終わりを気にすることなく月の途中でも気軽に始められます。

 

30分前までは予約、キャンセルが可能

オンライン英会話ならではのメリットです。予約対応は30分まで可能なので、急に予定が開いたり入ったりしたときに柔軟に対応できます。

 

スマホで授業が受けられる

PCを持っていなかったり、外出中だったとしてもスマホにSkypeがインストールされていれば授業を受けることができます。ビデオチャットでなくとも音声だけでも十分レッスンになります。

 

講師の評価(1〜5)と合計レッスン数や受講者のレビューも見れる

DMM英会話では受講生が講師を5段階で評価します。また、今まで担当した合計レッスン数も見れますので、どれだけの数をこなした上での評価なのかを確認することができます。また、受講者のレビューが見れるだけでなく、コメントの数も見ることができますので、より多角的に質の良い講師を選ぶことができます。

僕の場合、合計レッスン数が500を越えていて、評価が4.9以上の講師を選ぶようにしています。レアジョブを使ってたときはハズレの講師に当たることがありましたが、DMM英会話では今のところゼロです。

 

深夜帯にも評価の高い講師が多い

レアジョブでは評価の高い講師は午前中に多かった印象です。夜になると評価は高くても、合計レッスン数や講師歴が短い講師が多かったです。

しかし、DMM英会話では3年以上の担当歴で検索すると、深夜にも関わらず評価が4.5以上で合計レッスンが300回以上の講師がたくさんいました。そのため、時間に関係なく質の良いレッスンを受けられます。

 

YouTubeで講師の自己紹介が見れる

レアジョブではボイスメッセージとなっていますが、DMM英会話ではYouTubeで自己紹介をしていますので、容姿や実際の声で講師を判断することができます。レアジョブのボイスメッセージと実際の声にはけっこう差がありました。また、レアジョブでは半々の割合で講師はビデオチャットを拒否していましたが、DMM英会話では今のところすべてスカイプのビデオチャットでした。相手の顔を見ながら話せるというのはやっぱり楽しいです。

 

講師のほとんどが英語を使った仕事をしているので発音がきれい

レアジョブはフィリピン人が多いのに対してDMM英会話はセルビア人が多いです。どちらの国も小学生から英語を勉強しているので発音は良いほうだと思います。ちなみにフィリピン人はインド訛り、セルビア人はアラビック訛りがあります。

しかし、DMM英会話の講師の訛りはほんのわずかなものでほとんど気になりません。というのも、僕がレッスンを受けた感じですと、ほとんどの講師は学生ではなく社会人で、英語圏で仕事をしていた人や親戚が英語圏で暮らしている人ばかりです。オフィスマネージャーやジャーナルの執筆、クルーズのスタッフなど。アメリカやヨーロッパで実際に英語を使っていたことで、発音が矯正されているのかなと思いました。

レアジョブの講師は大学生が多い印象なので、教え方も慣れてなく幼稚な感じがしました。それに対してDMM英会話は実際にビジネスで色々な国の人と英語を使ってコミュニケーションを取っていた人が担当するので講師によりますが、教え慣れてる感じがしました。

 

講師からのコンタクトが2〜3時間前に来るのでドタキャンなし

DMM英会話の講師は社会人経験があるせいかもしれませんが、人としてきちんとしている方が多い印象です。

というのも、Skypeのコンタクトリクエストをレッスンの2〜3時間前、遅くとも1時間前には送ってくれます。そして、コンタクトリクエストとは別に今日はよろしくお願いしますという感じのメッセージも送ってくれます。

しかし、レアジョブはだいたいレッスン開始5分前くらいが普通で中には1分前に送ってくる講師もいます。僕はレアジョブの無料体験で3回連続ドタキャンをくらったことがあります。

 

教材が新聞、会話、ディスカッションなど幅広い

教材の種類は全部で64種類あり、1種類につき100個くらいのレッスンがあります。

全部の教材を書き出してみますね。()はレッスンの数です。リンクも貼っておきます。

DMM英会話の教材リスト

  • 文法(83)
  • 会話(197)
  • トラベル/文化(96)
  • 写真描写(130)
  • 短編小説(44)
  • 算数の英語(20)
  • ボキャブラリー(182)
  • ディスカッション(84)
  • 偉人のスピーチ(13)
  • 発音(84)
  • キッズ(50)
  • スピーキングテスト(20)
  • ビジネス(82)
  • デイリーニュース・ライト
  • デイリーニュース
  • ブラックジャックによろしく(161)
  • テーマ別ディスカッション(170)
  • 雑談用のお題(444)
  • メディカル英語(30)
  • 世界の文学(178)
  • IELTSスピーキング対策(30)
  • Let’s Go: Let’s Begin(36)
  • Let’s Go 1(37)
  • Let’s Go 2(37)
  • Let’s Go 3(37)
  • Let’s Go 4(37)
  • Let’s Go 5(37)
  • Let’s Go 6(37)
  • Side by Side 1(58)
  • Side by Side 2(55)
  • Side by Side 3(59)
  • Side by Side 4(67)
  • PASSPORT 1(25)
  • PASSPORT 2(25)
  • PASSPORT Plus(26)
  • PASSPORT to New Places(25)
  • PASSPORT to Work(20)
  • 英検5級予想問題ドリル 改訂新版(27)
  • 英検4級予想問題ドリル 改訂新版(39)
  • 英検3級予想問題ドリル 改訂新版(39)
  • 英検準2級予想問題ドリル 改訂新版(46)
  • 英検2級予想問題ドリル 改訂新版(46)
  • 英検準1級予想問題ドリル 改訂新版(53)
  • 英検準1級二次試験・面接予想問題(14)
  • 英検2級二次試験・面接予想問題(10)
  • 英検準2級二次試験・面接予想問題(10)
  • 英検3級二次試験・面接予想問題(7)
  • Basic English Grammar (Azar-Hagen)(133)
  • バンクーバー発!4コマ漫画で体感するから身につくほんとに使えるリアルな英語フレーズ(46)
  • バーダマン先生のリアルな英会話フレーズ(115)
  • どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(79)
  • スラスラ話すための瞬間英作文トレーニング(100)
  • おかわり!どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(71)
  • おかわり!スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング(70)
  • ポンポン話すための瞬間英作文パターン・プラクティス(75)
  • シーン別 本当に使える実践ビジネス英語(59)
  • 洗練された会話のための英語表現集(67)
  • 働く女性の英語術(33)
  • 働く女性の英語術2(30)
  • 絶対『英語の耳』になる!ビジネス英語リスニング難関トレーニング50(50)
  • 絶対『英語の耳』になる!旅する英語リスニングシーン別トレーニング50(50)
  • 絶対『英語の耳』になる!クールなネイティヴ英語で鍛える!口語表現&スラング・リスニング200(43)
  • TOEIC TESTリーディング(27)
  • TOEIC TEST英文法完全バイブル問題集(55)
  • 日本のことを英語で話そう(30)
  • Speak Now 1(40)
  • Speak Now 2(40)
  • Speak Now 3(40)
  • Speak Now 4(40)

 

2. オンライン英会話の勉強方法

office-620822_960_720

単語の勉強は絶対に必要

英語初心者の方は基本的に単語力が圧倒的に不足しています。講師は日本語が話せないのでわからないことはすべて英語で聞き理解しなければいけません。Skypeを使うのでテキストメッセージで対応もしてくれますが単語力がなければ理解することもできません。

「Core1900」が初心者にはおすすめの単語帳です。ペラペラめくる感じで何周も見ていけば自然に定着すると思います。

大事なのは、「単語帳で覚えた単語を積極的に使うこと、レッスン中でわからなかった単語を復習すること」です。実際に使うことでその単語がどのような場面で話されるのかを感覚的に掴むことができます。

 

文法は基本の5文型だけをおさえておく

文法も実際に使ったときのリズムやテンポで覚える方が感覚的に身につきます。そのため、話すときに頭で考えてから喋るのではなく、喋ったあとに確認するくらいの気持ちのほうが良いです。

文法書にある構文をすべて覚えても暗記になってしまうので本番ではスムーズに出てきません。レッスン中に言えなかったことを復習するときに、辞書として文法書を使うのが効率的です。そのため、基本の5文型だけ覚えておき、仮定法や分詞構文などは実際に喋る機会があったときに学習します。

 

レッスン中は貪欲に聞く

レッスン中は自分の力を試す貴重な時間です。わからない単語や表現はそのままにせずに必ず講師に確認します。質問が聞き取れなかった場合も何となくで返さずに必ず聞き返すようにします。そしてレッスンが終わったら上手く言えなかったことを繰り返しリピートして次に同じ場面に会ったらスラスラ言えるようにします。こうすれば1レッスン終わるごとに必ず成長します。

 

レッスン外の勉強はレッスンよりも大事

単語学習や文法学習、独り言などで話す練習をしてからレッスンに望めば勉強したことが正しいかどうか講師に確認できます。常に今日は何を身につけるのかを明確にしていなければただの雑談で終わってしまいます。

 

自分の英語を録音して聞く

講師から発音を褒められたとしても社交辞令であることが多いです。自分ではよく話せたと思っていても、実際に録音した自分の英語を聞くと思っていたものとはけっこう違うと思います。

しかし、自分の英語を聞くことはすごく重要です。単語の発音なのか、文章全体のリズムなのか、どこを改善すれば良いのかがわかるからです。この試行錯誤がきれいな発音への第一歩です。

MacBookやiPhoneではレッスン中も音声や動画を取ることができるので、自分の発音を知ることは簡単にできます。

 

最後に

一番重要だと思っていることは「英語を学習する目的」です。最初のうちは英語力がないので勉強していてもつまらないです。仕事で必要になったり、留学するために必要になれば勉強するしかないので頑張れます。英語を話せるようになったと実感できるのに最低でも1年は必要だと思いますので、努力を続けるための目的は絶対に必要です。そうでないと仕事終わりに毎日レッスンを受ける気力もなくなります。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。